避けるか避けないか、「4」のつく部屋

 

いい部屋を見つけた!と思っても、その部屋が「404」や「904」など

部屋番号に「4」が付いていると、何となく縁起が悪いような気がしてしまう人も
いるのではないかと思います。

 

物件数として多くは無いですが
各階の「4」号室や「9」号室を無くしているマンションも存在しますよね。

 

気にしない人は全く気にならないけれど、気にしている人には重大問題。
それが「4」号室だと思います。

 

そもそも、どうして「4」は避けられるのでしょうか?

 

4を縁起が悪いと避けるのは
「死(し)=4」のイメージから来ているから。その通りです。

 

実は「4」と「死」の読み方は日本語だけでなく、朝鮮語でも全く同じなんですよ。

それだけでなく、中国語やベトナム語等、他のアジア地域の言語においても
イントネーションが違うだけで読み方は同じなんです。

 

※中国のみ方言によっては、必ずしも同じ音になりません。

 

その為、「4」を忌避する風習は範囲や思いの強さに差はあれど、アジア全域で見られます。

 

例えば韓国の病院には、4階そのものが無かったりしますから
日本よりも忌避の気持ちが強いのかも知れませんね。

 

この、アジアで「4」を忌み嫌う風習の事を
欧米では「テトラフォビア」と言うそうです。

いわゆる恐怖症っていう意味ですね。

 

確かに死を連想させる音ではありますが
例えば四葉のクローバーなど、幸福につながる言葉にも4は使われています。

 

それにテーブルや椅子も足は基本的に4つ。車の車輪も4つ。
安定感を表す数字のようにも思えてきます。

もし気に入った物件が「4」号室だったら…。
あなたは、どうしますか?

Categories: 賃貸物件